コスパ重視の賃貸はじめました

コスパ重視の賃貸はじめました
「中野」「高円寺」「池袋」「板橋」「練馬」に特化したコスパのよい賃貸物件を集めてみました。毎月恒例の店長オススメ物件はネット掲載していませんのでお気軽に店長までお問合せください。

ブログについて

U-style Digestをご覧頂きありがとうございます。

お金について少しでも多くの方々に関心を持って頂こうとはじめたブログのダイジェスト版となります。こちらのBlogでは私の専門である不動産関係の記事が中心となります。一つでも皆様とって参考となる記事がありましたら幸いです。

高い収益性が見込める オススメの最新物件

見逃せない直近のセミナー

2013年5月22日水曜日

これから不動産投資をはじめる方はJ-REITより現物不動産をオススメするわけ



半年で急激な株価上昇推移と加熱するREITへの前のめりな報道を考慮しますと少々違和感があると感じます。REIT市場も日経平均株価も「先読み」「期待感」が先行して現在の数値を維持できているわけですが、現在の政策が「底上げ」まではいかない!という見方が強まれば、一斉に売りに転じる恐れがあるからです。


昨日(2013.5.21)のワールドビジネスサテライトでも加熱する東京の不動産を買い求めるユーザーの特集がされていました。現物の不動産(マンションや一戸建て)においては、多少値上がり傾向は見られるものの、まだ日経平均株価の影響を大きく受けている状態とはいえませんので、金利や立地、物件など条件次第では「買い」かもしれません。





今後のJ-REITは政府の政策と実態経済次第

ただし、REITにおいては国債や金利の影響に大きく左右されますので、非常に難しい場面にさしかかっているといってもよいでしょう。これから不動産投資をはじめようと考えている人/中長期での家賃収入を得ながら、投資を勉強したい人にとっては、都心の好立地でのワンルームからの運用も選択肢の一つとして非常に有効であるかもしれません。日本の場合、諸外国に比べ、企業にお勤めの方への融資が非常に大きな枠まで認められるケースがあるというのは、日本人として企業にお勤めされている方の強みの一つであります。



米国人も羨ましがる日本のサラリーマン

米国の不動産価格も順調に上昇傾向を見せていますが、米国人はこういった日本人としての特典をうらやましがる人が多いのも頷けます。米国では、その人のキャリアにもよりますが、まず物件価格の半分〜3分の1は自己資金として貯金がなければ、どの金融機関も相手にしないからです。

  • 不動産会社が更に動きが活発になる前に動くこと
  • 取引する会社がどこまでサポートしてく


この2点をしっかり確認して、満足のいく物件を見つけてください。

 私どもの関連会社でも、また新しい物件の仕入れがありましたので、興味がある方はお気軽にご連絡ください。 このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

セミリタイア

電力/エネルギー関連

過去に最も読まれた 記事